忍者ブログ
はてなダイアリーに引越しました。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



tinted windowsのCD買いました。良い感じ。

「一個人」という雑誌が仏像特集を組んでいたので購入。
しかしまぁ最近の阿修羅像ブームも手伝ってか知らんが、仏像を特集した雑誌の表紙がどれもこれも阿修羅像ってのは、どうも面白みに欠けるよねぇ。

特にBRUTUSの特集は正直読んでてイライラした。凄く狙ってる感じがして。
まぁ付録の仏像カードで一気に機嫌良くなるんだけど。
そんな中で聖林寺十一面観音菩薩立像を表紙に持ってきた「美仏巡礼」は未だに何度も読み返す名作です。

んん~いつみても美しい。
さすが高いだけあるぜ。(定価1800円也。)
PR

最近巷で話題となっているらしい、湊かなえの小説「告白」を読む。

最愛の娘を、自らの職場である学校内で亡くした女教師。
事件性はなく事故として処理されるが、彼女はホームルームの時間に衝撃の告白をする。
「娘は、このクラスの生徒に殺されたのです」
少女を殺害したという生徒は一体誰なのか、そしてその動機は。
女教師の告白による復讐劇、その結末とは。
様々な関係者の視点から、物語は衝撃のラストへと進んでいく。

ところどころ陳腐な設定が目に付いて、現実味という点では弱い印象はありますが。
それでもグイグイと惹き付けられて3時間ほどで読破。
少年犯罪という大きなテーマを扱っていてるのですがね。
だからといってテーマについてあーだこーだと議論する様な高尚な作品では無い気がします。
考えさせられる部分が無い訳でもないんですが、ぼく自身は娯楽作品だと思って読みましたし、
そう思って購入する方がハズレなしだと思います。
Amazonのレビュー等にもあるけど、何といっても後味の悪さが僕はたまらなく好きですね。
ハッピーエンドでも無いしバッドエンドにしても若干パンチに欠ける感じ。
あの良い意味での「中途半端さ」が非常にツボでした。
他に、読んでいて爽快さすら感じる部分もありました。
犯人に対して「馬鹿ですか?」というとこなんて、
僕の気持ちをはっきりと代弁してくれていてスッキリした。

書店などで見かけたらぜひ立ち読みでもしてみてください。
のめり込むと思います、たぶん。
村上龍の「空港にて」を読破。読破ってほど量のある小説でもないけど。
短編集で非常に読みやすい。集中すれば1時間も掛からずに読める感じ。
特に表題作の「空港にて」は熊本空港が出てくるので妙に親近感が湧いたり。
しかし最近、やたらと読書が楽しいんだよなあ。まぁきっと1週間後には飽きてるんだろうけど。

そして明日は、楽しみにしていた「にっぽん 心の仏像~知られざる仏50選~」の放送日。もうたまりません。
時たまこういう特集するからさ、NHKは完全に嫌いにはなれないんだよなあ、どうしても。
しかも日中には以前放送された「にっぽん 心の仏像100選 完全保存版」が再放送らしい。
こりゃ食糧買い込んで部屋に閉じこもるしかないな。忘れないようにビデオテープも購入しとかないと。

「半島を出よ」を読破。
今更かよという感じもしないではないが、とにかく面白かった。
北朝鮮の反乱軍を名乗る兵士達が福岡を占拠し人々が混乱に陥る中、一癖も二癖もある少年達が決死の抵抗を計画するという、なんとも興味深い話でね。
作者は皆さん御存知の天才・村上龍氏でございます。
いやとにかくこの小説、かなりのヴォリュームがありまして、そりゃもう読み応え十分なのですが。
私、暇な講義中やバイトの休憩時間などにちょこちょこと読み進めていたもんで、気づけば読破するのに半年ほどかかってしまって。
どんだけマイペースなんだよ自分。
でも、下巻に突入してからは本当に一気に読んでしまったなあ、まるで映画を観ているかのような感じで。
頭の中では凄まじい銃撃戦が鮮明に繰り広げられまして、もう講義とか聞いてる場合じゃないくらいに一人で興奮してたしなあ。
とにかく下巻の最後の一行を読んだ後、鳥肌が立ちました。涙出そうになりました。

この作品をきっかけに村上龍氏にはまりまして、この「半島を出よ」と同時に「空港にて」「希望の国のエクソダス」も少しばかりかじっておりますが。
いや、やっぱり面白いのよねえ。私のツボにぴったりはまる作風ですっかり村上氏の虜です。
今日も睡眠時間削って読みますよ、ええ。
次は「愛と幻想のファシズム」「5分後の世界」を読まなければな。

| HOME |
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
おっぱい先生
性別:
男性
職業:
肩身の狭い大学生
趣味:
宇宙空間に意識を飛ばす(現実逃避)
自己紹介:
熊本県熊本市在住。
好物は豆大福とサラダ巻、ベタに焼肉。嫌いなものは馬刺と調子に乗ってる大学生とギャアギャア騒ぐ高校生。超が付く程飽きやすい。3時間坊主。大勢でワイワイやるのが苦手。少人数でくだらん事を考えるのが好き。音楽が好き。映画が好き。というより映画館が好き、劇場で観る予告編が好き。韓流は嫌いだけど韓国料理は結構好き。辛いの大好き。韓流は嫌いだけど「猟奇的な彼女」で号泣。落語が好き。柳家喬太郎の落語が好き。外出が苦手。XBOX360愛用者。COD4に熱中。間食がやたら多い。ほっともっとのトリカツ弁当と牛とじ重弁当が美味すぎて困ってます。初対面でまず血液型を聞いてくる人とは一生友達になれない。A型っぽくないよねーって余計なお世話じゃ阿呆。祭りは苦手だけど屋台は好き。いか焼き最高。旅ちゃんねるとアニマックスとディスカバリーチャンネルとMONDO21があれば4,5年は引き籠ってられる。料理番組と旅番組最高。ケーブルテレビ万歳。NHK-FMを好んで聴いてたりもする。シャワー派だけど銭湯の魅力に少しずつ惹かれてます。
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by